「走るための身体の準備」=フィジカルコンディショニング & 走る身体と足のケア=「フットセラピー」


ABCRの公式Blog


2017年11月14日火曜日

【HIROSHI’s RECORD】 Akita Trail Run Festival 4

ご無沙汰しております!

忘れた頃にやってきます。

いや、忘れたも何も、そもそもお前誰だよ!


と言いたい人のために改めて自己紹介させていただきます。


虫嫌いの山好き、トレイルラン、ランニング大好き、特技は“後回し”、、、

菅原代表から「トレイルコンダクター」という、心をくすぐられる素晴らしい肩書を頂いた、


ABCR秋田支部長 髙橋拓士(ひろし)です!


(前回の自己紹介Blogはこちら



代表から前々からBLOGの更新を依頼されていたものの、

特技の「後回し」をいかんなく発揮してしまいました、、





という事で、約1か月前に参加してきた大会のレポートを今更ながらさせて頂きますw



10月15日(日)地元の秋田県で開催された

Akita Trail Run    Festival 4

を走ってきました。




この大会は秋田で唯一のトレランの大会。


私が5年前、トレランに出会った時、秋田にはまだトレランの大会がなく


そんなトレラン不毛の地において、山道でランニングシューズを履いて走っている人を見かける事はまずありませんでした。


「いずれ秋田でもトレランの大会が開催されればいいな」


そんな私の願いが届いたのかどうかは知りませんが、1年後、自分と同じような想いをもった、そしてその想いを行動に移し実際に形にした熱い人たちのお陰で、秋田で初のトレラン大会が開催される事になりました。


大会の開催が決定と同時にエントリーを決意、そして猛練習、入賞を果たす事ができました。(プチ自慢入りましたw)





そんなわけで、かなり想い入れのある大会、昨年の第3回大会では不甲斐ない結果に終わったので、なんとかまた表彰台に上がりたいという気持ちで今大会に臨みました。


会場は秋田市にある太平山、スキー場オーパス発着です。


なかなか天候に恵まれない大会で(1回目は雨、2回目は雪)、前大会は運営側が参加者にてるてる坊主の持参を募っていまいた。その願いが通じたのか、昨年は快晴、今年もこの時期の秋田の山にしては暖かく、ランナーにとっては走りやすいコンディションだったと思います。



自分はロングの部(32km)にエントリー、スタート直後はゲレンデを逆走しますが、15km地点までは割とフラットな走りやすいトレイルが続きます。
 
この日は、普段閉鎖しているダム公園を開放、そこから眺める紅葉の景色が最高でした。


景色を楽しむのもほどほどに、頭の中ではレースの戦略でいっぱい、序盤のフラットなパートはとばさず、後半の急激な登坂まで脚を残していこうと抑え気味にいきました。

 
途中、エイドでは秋田の郷土料理である「きりたんぽ」も振舞われていたそうですが、すいません、レースに必死で食べ物には目もくれず先に進んだため、エイドのレポートはできませんw



レースは中盤から本格的な登山道に入り、アップダウンも激しくなります。


一度、スタート地点であるゲレンデに戻ってくるコース設定なので、観客の応援・声援を受ける事になり、分かりやすくモチベーションがアップ、ギアが上がりますw



再度、そこからゲレンデを逆走するわけですが、昨年はそこから大失速、かなり順位を落としましたが、今年は作戦がはまり、ペースを落とす事なく、前半とばした選手を少しずつ拾っていく事ができました。


そしてレース終盤、残り5kmというところ、いつもであれば一番辛く、早く終わってほしいと感じるところですが、この時は、「あーもう終わってしまう、まだまだ走りたい」という気持ちでした。



やはり、地元秋田唯一のトレラン大会という事で、楽しみにしていた分、ゴールし終わってしまうのが寂しかったのかもしれません。



そんな気持ち的にも体力的にも余裕を残した状態でゴール、順位はというと





7位、、、、入賞の6位まであと一歩届かず、、、



「余裕ぶっこいてないで、ラストスパート魂の走りを見せんかーーーーーい!!!(# ゚Д゚)」



と、心の中で髭男爵的なノリで自分自身につっこんでしまいました(古くてすいませんw)。




しかし、結果が出なかった事を前向きに捉え、もうワンランク上を目指し、向上心を持って更にトレーニングに励みたいと思います。



しかし、ゴール後、同時開催していたフェス会場で飲んだコーヒーはやたら上手かったぁ、、、




ぶっちゃけ、この大会の素晴らしさはまったく伝えきれておりません。


年々、コースは良くなっていますし、選手以外の方たちが楽しめるブースも充実し、エイドのおもてなしも某クリステルさん以上(のはずw)、大会の翌日にはグリーンフェスティバル活動(コースのごみ拾いや痛んだトレイルの補修等)を行っています。


大会運営が素晴らしく、アットホームな雰囲気で出場して良かったと絶対思える大会なので、少し遠いですが、是非一度秋田まで足を延ばしてみてください。



まぁ、いろいろ書きましたが、5年前、自分がトレランを始めた頃、山に行ってもランシューを履いて走っていたのが自分だけだったのが、この大会のお陰で山に行くと同じくランシューを履いた人とすれ違う事が増えました。

今はその事が何よりも嬉しいのです(^-^)



近々、今月参加してきた大会のレポートもアップする予定です(特技である後回しが発揮されなければw)。

2017年11月8日水曜日

YOGATORUN となべっこ


こんにちは!
ABCRフットセラピストのなほこです。
3連休はお天気に恵まれ、絶好の行楽日和でしたね♪

連休初日は11月3日文化の日☆

晴れの特異日と言われるこの日、ABCRとアウトドアフィットネスクラブBLUE多摩川とのコラボイベントが開催されました!


その名もYOGATORUN よがとらん


実はこちら、元々はヨガインストラクター長谷川たかはる氏とABCRランニングトレーナー菅原のオリジナルコラボレーションプログラムで「〇〇トレ!」という大人気シリーズもの。

 
約2年半振りにBLUE多摩川で復活したのです!



今回のテーマは「里山」
厚木市にある神奈川県立七沢森林公園



さすが文化の日、 雲一つない真っ青な空☆



まずは体を解すためにヨガ♪


 日差しが眩しいっ☆



ヨガでしっかり体を解したら、雑木林の中へ!

公園全体を散策できるこもれびコースをjog&walk♪


これぞ森林セラピー☆


木漏れ日が本当に気持ち良いのです♪



ヨガのポーズもなんだか神々しい

 



厚木市内が見渡せる「ながめの丘」へ

こちらでも呼吸を整えるためにヨガ




皆さん、思い思いに腰を下ろしたり、寝転がったり
目を閉じて、呼吸を意識して・・・

はぁ~リラックス~☆




更にjog&walkで移動し、最後のヨガポイントおおやま広場へ




丹沢の山々をバックに太陽礼拝

 


パークヨガでリフレッシュしたら

 



最後は ヨガを取り入れたミニゲーム


皆さん、子供みたいにキャーキャー楽しんでました♪



そしてバーベキュー広場にて本日のメイン???
「なべっこ(芋煮会)」の準備です。




イベント前日、この芋煮会のためにトレーナースガワラと私で
川崎の市場まで食材を仕入れに行ってきました。

芋の子汁にかかせないせりも無事仕入れ




下ごしらえもバッチリ!

 


 すり潰したご飯(新米のあきたこまち!)をまるめただまこ

 

 スガワラのふるさと秋田ではきりたんぽと同じくらいメジャーなんです!


鶏肉、里芋、舞茸、ごぼう・・・
秋の食材をたっぷり鍋に放り込んで煮込みます♪


鍋を火にかけたら


カンパーイ☆


うんまーいっ☆



ビールを飲みながらせっせと扇いだり、木の枝をくべたり
鍋を煮込むこと数十分・・・




かなり時間が掛かりましたが、ゆっくりじわじわ火を通したので
うま味がギュッと凝縮された絶品芋の子汁が完成!



せりは根っこも入れて食べるんですよ!



だまこも味が染みて美味し~~~!!!




15人分の食材・・・

足りるのか足りないのか、見当も付かなかったのですが
見事に平らげてしまいました!


完食!満腹!

皆さん、本当に満足そうでした♪



 こんな風にYOGAとRUNで、たっぷり体を動かしたら鍋でお腹を満たす!

たまにはこんな大人のなべっこ遠足(※)があっても良いのでは?



(※なべっこ遠足とは秋田県限定の呼び方で、屋外で里芋を使った鍋料理を作って食べる秋の学校行事。山形県や宮城県では「芋煮会」と呼ばれる)


そんな芋の子汁をこよなく愛す、鍋奉行スガワラの想いから
今回のイベントが生まれました☆




ただ走るだけでなく、ただヨガをするだけでもない

YOGAとRUNを通じて、自然の中で童心に帰って遊ぶ




「つなぐ・感じる・遊ぶ」 をテーマにしたYOGATORUN


 
心と体の健康を取り戻す、そんなイベントです。




次回開催もお楽しみに~☆

        











2017年10月20日金曜日

【レース出場レポート】南アルプスマウンテンマラソン


皆さま、こんにちは!
ABCRスタッフ・フットセラピストのなほこです。

今年の秋は雨が多いですねぇ。。
週末も台風だというし、、、
予定通り走れなくて、焦っている方も多いのではないでしょうか。
でも、レースは雨だろうが余程の悪天候でない限り開催されますよね。


先週末も予報通り雨でしたが、ABCRではトレーナースガワラと私なほこが
 「南アルプスマウンテンマラソン」に出場してきました!


場所は静岡県の川根本町

こちら皆さんご存知でしょうか?
南アルプスの南端、町域の90%以上が森林という 山間の町で
大井川を挟むように茶畑が広がる銘茶「川根茶」のふるさとなんです。



そんな大自然の町を満喫できるこのレース、宿泊手段にキャンプ場を
利用する”Camp in TRAIL” というスタイルも特色の1つです。

今回私達が選んだのは大井川の河畔にある老舗キャンプ場の
「八木キャンプ場」


土曜日、スガワラトレーナーの仕事後に出発したため、キャンプ場に到着
したのはすっかり日が暮れてから。。
ありえないような急カーブの連続、霧で真っ白な山道を突き進んできたのですが
心臓に悪いくらいスリリングでした(泣)

それでも着いた頃には雨も止み、サクサクとテント設営!

完成です!


さてさて、ここからはお楽しみのクッキングタイム♪

きのこのフェデウア
お米の代わりにカッペリーニを細かく砕いたパエリアのパスタ版です

きのこ鍋
鍋の調達が間に合わずコッヘルで。

その他、前日から漬け込んだ牛肉を簡単な燻製にしたり
レース前日ではありますが、ビールとワインも飲んじゃいます♪

飲まないわけがありません(笑)

ほろよいになったところでおやすみなさい☆


☆゚,。・.。*☆゚,。・.。*☆゚,。・.。*☆゚,。・.。*☆



さて、いよいよレース当日、朝5時起床
キャンプ慣れしてないのもあって、ほとんど眠れなかったのですが・・・


会場にはトレラン専門ブランドのブースがいくつか出ていて
スガワラトレーナーは本番用のトレランザックをスタート1時間前に
調達するというアラワザに(笑)

実は昨年もお世話になったRaidLightさん


相変わらず雨は止む様子もなく、正直テンションダダ下がりの
2人でしたが、、、
ここまで来たらやるっきゃない!

開き直っていよいよスタート!

スガワラトレーナーには「じゃあゴールで!」と早々に置いていかれました。。



実は私、昨年の第1回大会に出場しておりまして
それが初トレランレースだったため、ゆっくりファンランでした。

今年はちょっと頑張ってみよう、ということで登りも歩かずに走る!
を目標にスタートしました。

しかし、しょっぱなから苦手なロードの登り。。
昨年とコースが違うので、どこまで続くのかわからない・・・
き、きつい・・・

けど、絶対歩かないんだから~!


なんとかロードを登りきりやっとトレイルへ。

智者山神社からかなりの急登

パワーウォークで進んでいきます。
でもこういう急登は大好きなんですよね♪
だんだんランナーズハイみたいになってどこまでもいける気が(笑)


割とあっという間に終了。

そして林道へ
歩きたいけど走れないわけじゃない、くらいの憎い傾斜が続き
根性で走り続けます。


そろそろエネルギー切れか?ってところでわ~い、エイド~!
ジャムを塗ったバゲットに温かいお茶

温まる!美味しい!生き返る!!
ボランティアの皆さん、ありがとうございます!

そして気持ち良いクロカンコースを走り抜けます。
このコース、ところどころで野辺山ウルトラマラソンに似てるなぁと
感じたりしてました。

つやつやのきのこを発見して思わずパシャリ

その後の調査によると、ツチナメコとも呼ばれる
チャナメツムタケ…だと思われます。


再びトレイルに入ると、ほぼ1人で走ってるような感じ。
前に人が見えないとコースロストしそうで、ちょっとドキドキ
しましたが、コース的にはフカフカで楽しかったです♪


そして最後のトレイルは、かなりスリッピー、、、
もはやグチャグチャの滑り台状態(笑)
上からオジサマが転がってきたりしてました(汗)

 私も3回尻餅ついてもうドロッドロ。
とても写真撮影できる状態じゃないし。。

3度目の尻餅をついたところで、さっきまでエイドでファンサービスを
していたTJAR不動の王者望月選手が「こりゃもうどうしょうもねぇなぁ」
とか言いながらあっという間に滑り降りてゆきました。。

終盤ふくらはぎが攣りそうになるくらい、私にとってはハードでしたが
なかなか面白かったと思います(笑)


そして攣りそうになりながら滑り台を終え、ラストのロードへ出ます。

茶畑~


雨の中、沿道では地元の方々が声援を送って下さり
笑顔でラストスパートすることができました☆


結局ずーっと雨に降られっぱなしでしたが、ほとんど歩かず走り切ることができ
満足です!


 頑張った割に順位は振るわず、、、
トレイルランナーとしてはまだまだってことですね!


距離:21㎞
累積標高:1,000m

ロード、林道、トレイルをバランスよく取り入れたコース設定で
登りもほとんど走れてしまう、まさにマウンテンマラソン
スピードにチャレンジしたい人はぜひ!


早々に私を置いていったスガワラトレーナーはというと
10km以降ずっと脚が攣りっぱなし&寒さによりボロボロだったそうで(笑)

「イェ~イ、無練習は裏切らないぜ~」


雨と寒さに泣かされるレースとなりましたが、2人とも無事に
完走することができました!
寒い中水浴び(笑)

ゴール後は暖かい豚汁に

とろろご飯

茶羊羹等 、地元ボランティアさんによる嬉しいおもてなしがたくさん♪


昨年より大会規模は縮小されていましたが、スタッフさん
ボランティアさん地元の皆さん 、私達ランナーが
一体となって楽しめる
 そんな大会だと思いました♪



そしてここ川根本町は、南アルプスの大自然に広大な大井川
、大井川鉄道にはSLが走り、寸又峡温泉や夢の吊り橋など
魅力いっぱいの町です☆

ぜひ皆さんも足を延ばしてみて下さい!


南アルプスマウンテンマラソンもオススメですよ~!

以上、レースレポートでした。